プレスリリース

2018.04.06

老舗寝具メーカー昭和西川株式会社が、公益社団法人日本将棋連盟とタッグを組み(業務提携)棋士へのサポートとコラボ商品の共同開発を順次発表。

プレスリリース

18040601.png

長時間の対局に臨む棋士の健康を支えるmuatsu(ムアツ)

「良質な眠り」と「健康」をプロデュースする寝具メーカーの昭和西川株式会社(本社:東京都中央区 会長:西川惠)は公益社団法人日本将棋連盟(拠点:東京都渋谷区千駄ヶ谷 会長:佐藤康光)に対し、体重圧を分散する敷きふとん「muatsu(ムアツ)」を使用した対局用座布団を新規に開発。これを皮切りに、頭脳の格闘技といわれる将棋界で長時間の対局に臨む棋士のサポートをスタートします。
 具体的には東西の将棋会館の対局室にムアツ座布団を導入します。また快適な睡眠は勝負を支える大切な要素という視点から、棋士にはムアツふとんを提供し、
日々の睡眠から対局中のコンディショニングまでを全面的にサポートしてまいります。

18040602.png18040603.png
△対局用に導入されたムアツ座布団

【日本将棋連盟とは】
伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。また、将棋の棋士活動を運営し、 四段以上の棋士、女流棋士および指導棋士によって組織されています。棋士・女流棋士は数々の棋戦に参加し、盤上で繰り広げられる名勝負は新聞・インターネット等メディアを通じ、ファンを魅了し、興奮と感動を与えています。また将棋を広く普及する為に、将棋大会・将棋まつりなどイベントに棋士が出演し、将棋の楽しさや魅力を伝えています。 

【muatsu(ムアツ)とは】
発売から47年、累計400万台以上を売り上げた日本の健康敷きふとんの元祖となる商品。独特の卵型は、宇宙ロケットの先端からインスピレーションを得て開発。"無圧"と言う名前にあるように受け止めた圧力(体重)を水平、放射状にバランスよく分散させます。muatsu(ムアツ)シリーズは全国100か所以上の医療機関に納入された実績もあり、現在も寝具のロングセラー商品として多くの方にご愛顧されています。

18040604.png

コラボ企画第一弾
藤井聡太六段 直筆
『詰将棋』デザインバッグ付
限定ムアツクッション

<商品概要>
・商品名:藤井聡太六段 直筆詰将棋デザイン限定ムアツクッション
・色:ブラック
・素材:側地:バッグとも ポリエステル100% 中芯:ウレタンフォーム 
・寸法:3.5×40×40㎝ 
・重さ:775g
・価格:6,480円(税込)
・発売日:4月下旬
・数量:500点限定
・取扱い店舗:高島屋横浜店 高島屋新宿店 京王百貨店新宿店
       日本将棋連盟売店(東京・大阪)
       昭和西川公式西川ストア(ECサイト)

18040605.png