マテリオーネ

materione

materione

「マテリオーネ」はMATERIAL・素材とONE・唯一という意味を
組み合わせてできた造語です。
1つ1つの素材にこだわりを持ち、
妥協しない物作りを基本的な姿勢としています。

心地の良い眠り、優雅で
リラックスする時間をあなたにお届けする、
ラグジュアリーブランドです。

こだわりの素材 Ⅰ
昭和西川オリジナルコットン

スーピマ綿の光沢と強さ、エジプト綿のシルキーさ、インド綿のなめらかさを併せ持つ、昭和西川オリジナルの「スペシャルブレンドコットン」。
原料から糸にする際も、毛羽が出にくい特殊な技術を用いています。光沢とやわらかさを追求しました。
materione
アメリカ スーピマ綿 生産風景
materione
materione
materione
インド綿 生産風景
materione
materione
materione
エジプト綿 生産風景
materione
materione

こだわりの素材 Ⅱ
アイダーダックダウン

「羽毛の王様」と呼ばれるアイダーダウン。北極圏周辺に生息する野生の鳥、アイダーダックは、卵を温める為に自分の胸のダウンを使い、巣作りをします。
ヒナたちが巣立った後に採取した、非常に希少価値の高いダウンです。
materione
materione
materione
materione
カナダ羽毛協会が発行するタグが徹底した流通管理と品質の証です。

協会では主にカナダ国産製品、輸入品に関して製品を協会会員製品も含めランダムに購入し、品質、清潔度、表示等の検査を行い誤解を招かないよう、厳重に監視しています。 明確な不正、詐欺行為には訴訟手続きを取り、政府関連機関の介入による製品の撤去に至ります。 日本へ輸出する羽毛に関しても、日本支部を中心に厳格な監視体制を確立するとともに、各羽毛原料には製品に添付するシリアルナンバー管理された保証書を発行します。

こだわりの素材 Ⅲ
ムートン

materione
オーストラリアの大自然で育った、良質な羊の原皮を使ったムートンパッド。
肌ざわりがとても柔らかです。
毛の間に熱い空気層をつくるので、寒いときは保温し、汗をかいたときは吸湿して外に逃がします。
ムートンの表面は常にサラッとしており、1年を通じてお使いいただけます。
materione
materione
materione

特徴

  1. 保温性1㎠に約2,800~3,300本もの毛が生えています。この毛の間に空気の層をつくり、温かさを保ちます。

  2. 吸湿性、発散性 表面がさらっとして夏でも快適にご使用いただけます。エアコン使用時にもおおすすめです。

  3. 天然の弾力性 繊維がスプリング上になっており、弾力性、復元力に優れています。

materione
ダイヤカット

ムートンシーツ(ブルネッタ)はダイヤカットされたムートンを使用しています。
ダイヤカットとは、背中の密度の高い部分のみを15~20㎝角で切り取ったもので、
手作業で組み合わせて製品にしています。へたった場合は、パーツのローテーションや取り換えが可能なので、長くお使いいただけます。

こだわりの素材 Ⅳ
東洋紡糸 カシミヤ

確かな技術を誇る日本の紡績会社のカシミヤ糸。糸作りは原料調達からそれぞれの工程において高い技術を必要とします。
ゆっくり丁寧に作ることでふくらみのある糸にする、素材を傷つけないことでやわらかい風合いを保つなど、デリケートな天然繊維を最大限に生かすために様々な工夫が施されています。
この素材をみる確かな目と長年の技術の積み重ねで生まれた糸を使うことで、他にはない肌ざわりを生み出しています。
materione
materione
materione
materione

東洋紡糸は、約130年以上糸作りをしている紡績会社で、日本有数の歴史ある会社の一つです。昭和5年にはカシミヤ糸の生産を国内で初めて行い、以来80年以上作り続けている純国産のカシミヤ糸は、その歴史と伝統を職人の手によって守り続けながら、世界に誇る品質で生産し続けています。

カシミヤについて

カシミヤ山羊から採取されてる産毛を使用してます。
年に一回だけ、毎年3~4月ごろに大きなくしを使い、柔らかいい産毛だけを手作業ですき取って採取します。
カシミヤ山羊1頭当たりの採取量はわずか150g。一般的な羊毛の採取量が一度に枠4kgなので、その希少性の高さが分かります。
カシミヤは他の動物繊維に比べて繊維が細いので、しなやかで柔らかい肌ざわりです。また、空気をたくさん含むのでふんわり軽く、空気の層で温かさを逃しにくい特長もあります。

毛布ができるまで

毛布に仕上げる過程でも、できるだけ生地に負担をかけずにボリューム感や柔らかさを出すために、一人ひとりの職人が取り組んでいます。
生地を傷めず、柔らかさを引き出す工夫は様々あります。
例えば、洗浄は一般的な加工に比べて1.3~1.5倍の時間をかけ、ゆっくりと行います。
また、「濡れ起毛」という方法で、少し生地が濡れた状態で起毛することで、柔らかい風合いに仕上げています。

こだわりの素材 Ⅴ
サフィラン社リネン

ナチュラルな風合いで、ファッション・インテリアに人気のリネン。
通気性・吸水性に優れ、汗や湿気をサッと吸収し、感想も素早く、サラッと心地よい感触です。
マテリオーネでは、240年余の歴史を誇るフランスの「サフィラン社」のリネンを使用。
長年のノウハウに裏打ちされた技術によって紡績されたリネン糸は、レベルが高く、良質で安全性が高いことが特長です。
materione
materione
materione
materione
Safilin(サフィラン)

東洋紡糸は、約130年以上糸作りをしている紡績会社で、日本有数の歴史ある会社の一つです。昭和5年にはカシミヤ糸の生産を国内で初めて行い、以来80年以上作り続けている純国産のカシミヤ糸は、その歴史と伝統を職人の手によって守り続けながら、世界に誇る品質で生産し続けています。