先輩社員の声

voice

voice

当社商品である寝具を扱う百貨店、量販店、
寝具店への営業や、商品企画を行うMD等で、
活躍する先輩社員の声を集めました。

voice1 Voice1 MD一部 ムアツ課(1994年入社)

健康マットレスのパイオニア、ムアツふとんの品質安定と向上を目指しています

睡眠への関心が高くなってきている中で、歴史あるムアツふとんの開発の仕事は使命感もあり大いにやりがいがあります。新商品が高評価を得た時や喜びの声を頂戴した時は何事にも代えがたい充実感が湧いてきます。常にお客様の声に耳を傾け貴重なご意見をチーム内で共有し、日々高みを目指しております。みんな仕事熱心で、ついつい休憩時間にもふとんの話になってしまうくらいです。

元々寝ることが好きだった事もあり、気持ちよく寝たい等、漠然とした理由から少なからず寝具に興味がありました。いつの日か、睡眠を通して人の役に立てないかと思い今の私があります。
開発や企画の打ち合わせ、仕入先との商談やお客様応対等、多忙な毎日ですが、ムアツふとんを通じて、多くの方を笑顔に出来るよう品質の安定と向上を目指しています。

voice2 Voice2 EC部(2019年入社)

女性が活躍できる、
働きやすい環境がある点に惹かれました

電話やインターネットの販売やお問い合わせなどの対応をしています。初めは戸惑うことが多かったのですが、少しずつできることが増え、成長していると思います。今の担当ではお客様の声を直接肌で感じることができ、緊張もしますがやりがいがあります。電話でお客様に商品説明をして、購入に繋がった時はとても嬉しくなります。

学生時代から商品企画に興味があり、メーカー志望だったことに加えて、女性が活躍できる働きやすい環境というところに惹かれました。女性の先輩方も多く、気軽に相談しやすい環境です。インターネットの企画についても勉強中で、今後はサイトの運営に力を入れられるように頑張りたいと思っています。広告の商品や期間を自分で考え、その商品がたくさん売れたら...と今から楽しみにしています。

voice3 Voice3 百貨店二部(2012年入社)

取引先の「頼りにしてるよ!」、お客様の
「ありがとう」にやりがいを感じます

志望動機は、人間が生きる上で絶対的に必要な「睡眠」を通して健康を提供する会社であったこと。また、「寝具の西川」という圧倒的なブランドネームも理由の一つでした。さらに、数回の面接時に感じた「社内の空気の良さ」が決めてとなりました。

直営店舗の運営に関わる仕事を行っているので、より多くのお客様に当社のファンになっていただけるよう、アンテナを張り巡らせてさまざまなアイデアを考えています。各店舗では、スタッフとの状況を把握するだけでなく、時には販売も行います。その他にもイベントや店舗・取引先企業様の要望を聞いたりするのも担当です。お取引先さまに「頼りにしてるよ」と仰っていただいた時が一番うれしいですね。店舗スタッフ、お取引先企業さま、お客さまの声に耳を傾けながら、日々やりがいを感じて仕事をしています。

voice4 Voice4 百貨店一部(2013年入社)

なによりも経験と人との繋がりが
自分を大きく成長させてくれます

会社訪問で何社か回りましたが、社内が明るい明るく気さくと感じたのが昭和西川。試験の待ち時間に気さくに話かけていただき、楽しく仲良さそうな社員の方々を見て一緒に仕事をしたいという気持ちになりました。百貨店営業の仕事では、企画を考え提案したり、チラシを作ったりもするのですが、こうした時にも相談に乗ってもらえる仲間がいるので心強いです。

百貨店営業を担当していて、実際に販売する方とコミュニケーションを取りながら、トレンドや売れ筋を考慮して企画などを提案していきます。会社の同僚、店舗の方、そして様々なジャンルのメーカーの方と話をしていく中で、自分と他者の考えを共有し視野が広がっていきます。人との繋がりがこの仕事の魅力。一人の人間としての信頼を得て、イベントや催事などの仕事の依頼をいただいた時、最もやりがいを感じます。

voice5 Voice5 毛布課(2005年入社)

チームの進捗に気を配り
助け合いで切り抜けます

季節に応じたたくさんの商品企画を扱っています。毛布やケットだけでも春夏用のタオルケットとガーゼケット、秋冬用の化繊毛布や獣毛毛布、そして年間商品の綿毛布。それぞれの新商品企画から売上・利益・在庫の分析を行います。その他売場、生産地、展示会へ足を運んで新たな商材を見つけることも重要な業務です。

生活の一部である睡眠はいつの時代も変わらず人間にとって必要なことで、その睡眠に関わる商材を扱うということで興味があったこの会社に入社しました。日々業務に追われて多忙ですが、信頼できるチームの仲間と共に頑張っています。お互いに声をかけながら進捗に気を配り、滞っている時には助け合っています。売上予算達成できた時、提案した商品が好成績を収めた時には、自分の成長を感じます。

voice6 Voice6 田村夏奈 MD三部 雑貨課(2019年入社)

アルバイトから本社勤務を希望しました

私は元々、直営店で販売のアルバイトをしていました。お客様に商品をお勧めしていく中で「こんな商品があればいいな」「もっとお客様に昭和西川を知ってほしい」と考えるようなり、本社勤務を希望しました。

先輩のもとで生地や商品の仕入れの他、新商品の発売に向けた準備に携わるなど、さまざまな業務で勉強中です。他部署やお取引先さまと打ち合わせを重ねながら業務にあたるので、周囲からの信頼を得るこもと非常に重要だと実感しています。
本社で働きたいという希望を叶えてもらえる会社に感謝して、早く一人前になって先輩方と共に仕事ができるよう努めたいと思います。

進化する昭和西川で、
ワクワクする仕事を
一緒にしませんか。