CSR・社会貢献

csr

当社は、本社MD本部と草加工場において、自主基準を設けて環境活動のレベル向上を図っております。
また社員一人ひとりが事業と自然との関わりを正しく認識できるよう環境活動推進に向けて取り組むこと、未来へ向けた持続可能な社会実現のため、事業活動と一体化した環境経営を継続して推進してまいります。

事業所での取り組み

・本社MD部
ISO9001認証取得(2001年3月)
事業内容:掛けふとん、敷きふとんの企画・製造

・草加工場
ISO9001認証取得(2001年3月)
事業内容:掛けふとん、敷きふとんの企画・製造

ISO9001は品質管理及び品質保証のための国際標準モデルとしてISO(国際標準化機構)によって1987年に制定されたものです。
ひとことで言えば、購入者(取引先、顧客)の要求に合った仕様の製品/サービスを安定して提供することができる仕組みを作ることが要求されている基準としてあるものです。

品質・安全性への取組み

当社は企業理念に基づいた自主基準である「昭和西川株式会社 繊維製品品質基準書」を定めています。この基準書が仕入れ先や検査機関のすべてに共有されていることで、製品の安全・安心につながっております。

昭和西川の品質ポリシー

より良い品質を常に確保し、お客様の期待と信頼に応えます。
品質を上げ、CO2削減や生産性向上を図ることにより、地球環境や社会に貢献し、お客様に価値ある製品をお届けします。
常に技術開発を継続し、製品を通じてお客様とのコミュニケーションを行い、その変化やニーズを感じ、ものづくりや環境対策に活かしていくことが大切だと考えます。

信頼性保証への取り組み

当社は、有害物質に関わる制限をはじめ、安全で高品質の製品をお客様にお届けし、安心して使用していただくための体制を構築しています。
繊維製品製造販売業者として、責任体制を明確にし、さらなる品質および安全性に対する取り組みを強化するために、品質管理部門を設け、品質保証会議を継続して実行しております。
お客様などから寄せられる品質と安全性に関する情報収集、情報の一元管理、問題解決のための関連部門との連携や情報共有を通して信頼性確保を行っております。

資源循環への取り組み

当社では、エネルギーの適正利用や資源循環に向けた社員への啓発活動を推進しております。

オフィスの取り組み

オフィスでは、LED照明への切り替えや空調などの省エネ機器導入などを順次進めるとともに、クールビズの導入、使用してしないフロアやショールームの消灯、帰宅時の一斉消灯を行い、エネルギー利用効率化に取り組んでいます。
資源再利用のため、細かいゴミの分別作業を徹底しております。
また、マイボトル・マイカップなど飲料容器を持参することにより、ゴミの削減に取り組んでおります。

工場の取り組み

草加工場では、LED照明への順次切り替えをはじめ、休憩時間の倉庫内消灯を行っています。
資源再利用のため、細かいゴミの分別作業を徹底しております。
また、マイボトル・マイカップなど飲料容器を持参することにより、ゴミの削減に取り組んでおります。

再利用の取り組み

使用した段ボールの再利用はもちろん、不要となった繊維製品やギフトボックス(コートボール紙)等をリサイクル業者に回収してもらうなど、ゴミ分別を徹底して行っています。
製品のお手入れ方法や、羽毛ふとんのリフォーム・リフレッシュをご提案することで、長くご使用していただくための情報発信をしております。

災害支援

継続した支援活動

2011年東日本大震災や、2016年熊本地震に際し、行政や業界団体などお取引先様からの要請を受け、緊急支援として主に寝具類の提供を行いました。
昭和西川だからこそできることを念頭に活動し、今後もご要望に対応し、継続的な支援を行っていきたいと考えています。

地域との連携

当社は、製品の研究開発や健康に関する啓発活動として自治体との連携協定をしております。

埼玉県彩の国 認定工場

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0803/a14.html

草加市との防災協定

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0402/kouikishienkyoten.html

草加工場親子見学ツアー

草加工場親子見学ツアー

草加市ふるさと納税にムアツふとんが選定

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/11221/227245